万年仮タイトル。

ブログもHNも改名したい。コメント大歓迎です。お気軽にどーぞ。

2017-04
« 123456789101112131415161718192021222324252627282930 »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ほとばしる熱い例のアレ。

パトス[pathos(ギリシア)]

[哲](原義は「蒙る」の意)
苦しみ・受難、また感情・激情などの意。
エートス(性格)のように恒常的ではない代りに、一瞬のうちに何かを生み出す契機となる。
⇔エートス

From 広辞苑第五版


パトス[pathos ギリシア]

[名]
アリストテレスの倫理学で、欲情・怒り・恐怖・憎悪・喜び・哀しみなど、快楽または苦痛を伴う感情。
理性的な心の働き(=ロゴス)、持続的な心の働き(=エートス)に対して、一時的な心の働きをいう。

From 明鏡国語辞典


パトス

ギリシア語で、<受動的状態><感情><情念>などの意。英語読みでペーソス。
passionやpatienceとも同系で、<受苦><受難><苦悩>などを含意する。
能動的・理性的契機としてのエートスやロゴスと対比され、西洋哲学の主流では否定的な位置づけがなされてきた。

From 百科事典マイペディア


特に意味はない(←
むしゃくしゃしてやった。
今は後悔している。
…そんな感じです(ry
それにしても電子辞書って便利。
スポンサーサイト

コメント

この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

⇒ http://acid666smile69.blog32.fc2.com/tb.php/1151-8d5cbc26

この記事へのトラックバック

HOME |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。